『GO TO にっぽん! ~コロナ禍が明けたら一番に見たい風景~』第14弾 「砂浜美術館 in 高知」(村上健太郎)

「今、砂浜にいるのですが、砂浜美術館はどこですか?」

そんな電話が事務所にかかってくることがあった。

約1,000枚のTシャツがひらひらするTシャツアート展期間中は(今年は5月1~5日開催)、そこが美術館であることを実感できるが、普段は日常の砂浜の風景。

イベント時だけでなく、365日オープンしている美術館なので、イベント時以外は、砂浜につく鳥の足あとや、波がつくる砂の模様など、当たり前の風景の中に作品をみつける。

ですので、冒頭のような電話には、

「砂浜美術館は、今いらっしゃるところです」と伝えるしかない。

空調は天然の風で、長さ4kmの砂浜ではソーシャルディスタンスの確保は十分。

密になることもない。

思いっきり深呼吸をして、足元の作品を見つけ、遠くは水平線の向こうの風景に思いをはせる。

頭の中で「想像する」ことの楽しさや、ゆたかさを気づかせてくれる風景。子どもづれでも楽しめる。

だって、ここはまるごと貸切の砂場。体を鍛えたい人にも最適。

トレーニング効果もばっちりなはだしで走れる砂浜大運動場。

そして、そんなあなた自身も、美術館の作品。お気に入りの椅子を持ってボーっとしてもいいかも。

この風景の楽しみ方は無限大です。

 

【エコセン世話人 / 砂浜美術館 村上健太郎】

コラム「Go to にっぽん」の一覧はこちら
コラム「スペシャルな『旅の話』」の一覧はこちら
コラム「サステイナビリティを主張!」の一覧はこちら