サステイナブル・ツーリズム

top_sust02

2014年度からサステイナブル・ツーリズム国際認証の研修と国内での普及活動を、(独)環境再生保全機構による地球環境基金の助成を受けて取り組んでいます。エコセンとともに「持続可能な観光地域づくり」を推進していきましょう。

続きを読む

連載コラム

高木ユキムシ (2)

『彩とりどり日本紀行』と題して、
北は北海道、南は沖縄まで。
エコセン理事による、季節と暦から日本を存分に感じて頂くコラムです。

続きを読む

世話人

top_sewanin

エコツーリズム、自然体験活動、環境教育等の第一人者120名以上の世話人ネットワークを有することがエコセンの特徴です。「エコツーリズムで地域を元気に」を合言葉に、各地で効果的なアクションを実践しています。

続きを読む

【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 大暑:7月22日(旧暦6月17日)』第24弾・最終回(中澤 朋代)

皆さまにおかれましては、暑中お見舞い申し上げます。日本全国、いよいよ本格的な夏のスタートです。 アスファルトの大地は昼夜の気温は高止まり、一方で土の大地は夕立により一気に空気を冷やす機能が働きます。そのため朝晩はいくらか […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 小暑:7月6日(旧暦6月1日)』第23弾(植木 よう子)

本来であればこのコラムを配信する6月21日は夏至。そして、そこから11日目の7月2日は半夏生。その更に4日後が小暑。正直、「小暑」という言葉はあまりイメージがなく、ピンとこない。でも、半夏生という言葉はなんとはなしに好き […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 夏至:6月21日(旧暦5月16日)』第22弾(森 高一)

夏至が近づいてきた。冬至はこの日が過ぎると日ごとに日が伸びていくのがうれしく感じるのだが、夏至を過ぎるとほぼ秋分まで常軌を逸した暑さが続くと思うと、気が滅入る。それでも夏至までの間、東京では各地の神社でお祭りが続き、心な […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 芒種:6月4日(旧暦4月29日)』第21弾(山本 かおり)

芒種とは、"芒"の"種"を撒く時期のことで、米や麦などの穀物の種をまくのにちょうどいい季節だそうです。近年、とみに季節が前倒しになっていて、二十四節気が現実に合わなくなっているのでは、ひとりで心配しています。 芒種に旬を […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 小満:5月20日(旧暦4月13日)』第20弾(吉田 直哉)

「小満。あらゆる生命の気が満ちていくと言われる季節。」 丹沢山麓で田舎暮らしをしている我が家では、この時期になるときまって、庭の鶏小屋が野生動物に襲われます。厳しい生存競争のもとで生きる動物たちにとっては、いのち満ちる季 […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 立夏:5月5日(旧歴3月27日)』第19弾(齋藤 理)

「湯治場の夏、里山の春」 僕の暮らす鳴子温泉は、宮城県北部にある温泉地。硫黄泉、重曹泉など、日本に10種ある泉質のうち7種が湧いている。そんな豊富な泉質もあって、古くからの湯治場として、内陸部で暮らす農家、沿岸部で暮らす […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 穀雨:4月19日(旧歴3月11日)』第18弾(久保竜太)

「くさぐさの種つもの」 穀雨。こくう。コクウ。たくさんの穀草をうるおす恵みの雨が降るころ、なのだそうだ。 日本において、穀物というとき、いま多くの人がまっさきに思い浮かべるのは、風景としては田んぼであり、作物としては稲で […]

続きを読む
世話人ミーティング
エコセン世話人ミーティング!!「共有しよう!インバウンド対策 教えて!新たな試み」~2024年夏シーズンに向けて~

【エコセン世話人・団体会員限定!】 各地域で自ら実践を続けているエコセンの世話人、団体会員のみなさまへ。 2023年にコロナ禍から脱し、日本の観光地は外国の方々で溢れかえっています。 円安も進み、日本はずいぶん観光しやす […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 清明:4月4日(旧歴2月26日)』第17弾(山口久臣)

「清明と私の人生と暮らし」 ※清明とは、「清浄明潔」ということばを略したもので、全てのものが清らかで生き生きしているという意味。言葉通り、さまざまな花が咲き、木々は生命力にあふれ、生き物は元気よく動き回る時期。また、清明 […]

続きを読む
【連載コラム】彩とりどり日本紀行
『彩とりどり日本紀行 春分:3月20日(旧歴2月11日)』第16弾(坂元英俊)

今年の冬は少し変だ。春のような陽が差した。と思ったら、日本全体に急激な寒波が降り注いでくる。いつもの雪がやっと来たところもある。今年は元旦から、能登半島におおきな地震。地震災害を受けた能登の人々にとっては、本来は真冬だが […]

続きを読む