『GO TO にっぽん! ~コロナ禍が明けたら一番に見たい風景~』第5弾 朝焼けの富士山(浅子智昭)

富士山の麓にある環境教育事務所ホールアース自然学校の
浅子智昭(フィールドネーム:あなご)です。
今回は僕の大好きな富士山の御来光スポットについて紹介いたします。

 

富士山の山頂からの御来光は有名ですが、混んでいる山小屋、
山頂直下の渋滞、高山病など多くのハードルがありますね。
そこでオススメなのが、富士山の御殿場口5合目から眺める御来光です。
富士山御殿場口五合目なら夏のマイカー規制もなくアクセスできます。
夜明け前に五合目から少し登り始めて東の空を見ると、
素晴らしい夜明けのグラデーションを楽しめます。
晴れていれば箱根の大涌谷の湯気や伊豆半島の山々、
遠くは伊豆大島や三浦半島まで望めます。
振り返ると赤く染まった富士山の山体を富士山に居ながら
楽しむことができるのが特徴です。
季節も夏山もいいし、冬の時期でも比較的安全にアクセスすることが出来ます。

 


「宝永火口」

 

御来光を見た後は足を伸ばして富士山の登山道を登りダイナミック景色を楽しめる
宝永火口まで行くのもいいかもしれません。
今年もこのルートを10月と2月に行ってきました。
人も少なめなのでゆっくり富士山を楽しめるおすすめスポットです。

 

【エコセン理事 /
環境教育事務所ホールアース自然学校執行役員 浅子 智昭】
(2021年3月12日配信 メルマガ掲載)