[8.31]エコツアーカフェ 第100回記念!in さいたま指扇「日本の大地の恵みをいただく Wild BBQ」

「日本の大地の恵みをいただく Wild BBQ」

~エコセン世話人の地域から食材を集め、自然とエコを生業にする世話人と話そう~

2008年にNPOとして発足した日本エコツーリズムセンター(エコセン)の活動も昨年10周年を迎えました。

今回、エコセン主催のエコツアーカフェ(https://ecocen.jp/ecotourcafe)が第100回を迎えるのを記念し、全国で活躍しているエコセン世話人※のイチ押し食材を美味しくいただきながら、自然とエコを生業にする世話人の「ライフワーク・ショートトーク」を企画しました。

BBQには、世話人が自ら捕獲し捌いたシカやイノシシの肉が登場します。

会場は、エコセン副代表が自らリノベーションし、開業したカフェ「桃月園皐月家香麦荘(とうげつえんさつきやこむぎそう)」です。

 

※エコセン世話人⇒多くの人がエコツーリズムの魅力にふれるために、現場にいる人たちが力を合わせようと集まったエコセンの正会員。全国に122人いる。
世話人のページはこちら

 


店主:山中俊幸(エコセン副代表)

参加表明している世話人とショートトークのタイトル

壹岐健一郎「欧米のオーガニックなエコ暮らし」
⇒有限会社リボーン代表取締役、エコツーリズム・プロデューサー、日本国内・ヨーロッパへのエコツアーを手掛ける。

大浦佳代「漁師になるには」

⇒ライター・フォトグラファー。海と漁の体験教育研究所主催。漁村や農村の生活・文化などをテーマに取材・執筆。著書に「漁師になるには」他

国安俊夫「シニア向け自然体験のススメ」

⇒老人ホーム入居者向けの自然観察会、東京シニア自然大学卒業生と行う自然ふれあい活動(里地生活体験等)などを実施中。

中澤朋代「いきものみっけファームの子どもたちin長野」

⇒松本大学総合経営学部観光ホスピタリティ学科 准教授、エコセン共同代表、長野の森で育児中。

森高一「環境コミュニケーションの仕事」

⇒森企画代表、エコセン共同代表、環境コミュニケーションの仕事をして30年。

 



【地域の食材/提供者】

◎静岡産シカ肉/浅子智昭さん

◎静岡産シカ肉ソーセージ/浅子智昭さん

◎京都産シカ肉/藤原誉さん

◎京都産イノシシ肉ソーセージ/藤原誉さん

◎その他レアな食材/藤原誉さん

◎北海道産朝どれトウモロコシ/荒井一洋さん

◎長野県波田産スイカ/中澤朋代さん

◎沖縄県恩納村の泡盛/加蘭明宏さん

◎兵庫県淡路島産の玉ねぎ/高山傑さん

◎宮城県産のイワナの燻製、日本酒/塚原俊也さん

◎三重県産の100%みかんジュース/大西かおりさん

◎ペルー産のピスコ(お酒)/三好直子さん

◎群馬県産のかぼちゃ他自家製の野菜、梅ジュース/国安俊夫さん

◎広島県産のこんにゃく、ピオーネ、ブルーベリー/エコセン元スタッフ

◎静岡県産のトマト、えだまめ、生姜/エコセンスタッフ

 


 

★エコツアーカフェ第100回記念!in さいたま指扇★

「日本の大地の恵みをいただくWild BBQ」

~エコセン世話人の地域から食材を集め、自然とエコを生業にする世話人と話そう~

【日時】2019年8月31日(土)17:00-19:00(コアタイム)
【参加費】4,000円(ドリンク付き、有料のものもあり)
学生特別価格:3,000円

【人数】最大30名
【場所】 桃月園皐月家香麦荘(さいたま市西区西遊馬3131)
https://t.komugisou.com/

 

 

【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972

 

イベントは終了しました!

 

イベントの様子