サステイナブル・ツーリズム

国際基準に準拠した世界水準の観光地運営を考える

国連「持続可能な開発目標(SDGs =Sustainable Development Goals)」は2016年から2030年までの世界全体の開発目標です。これは観光においても例外ではなく、2017年が国連「開発のための持続可能な観光の国際年」に指定されるなど、現在「サステイナビリティ(持続可能性)」が世界共通のキーワードとなっています。

 

特定の場所に人が集中し過度な環境負荷がかかる、地域本来の持つ魅力を伝えきれない、大量の通過型のスポットとなりごみだけが残される、いわゆる消費収奪型の観光となるなど、これまで地域の持続可能性を損なう観光が問題になってきました。地域の文化や歴史遺産、自然環境を守りながら観光の質を保ちつつ、教育・福祉・コミュニティの活性化などの課題とつなげ、観光を手法に地域づくりに貢献することが重要と考えられます。

 

「サステイナブル・ツーリズム国際認証」は、国連が進める観光での持続可能性を指標化したものです。なにをもってサステイナブルとするか、具体的にどんな活動が伴うのかを、世界基準のチェック項目で示しています。国際年を機に今後求められる「持続可能な観光地域づくり」とは何か、どう取り組んでいくかを考えていきます。

日本エコツーリズムセンターの取り組みとこれから

 

日本エコツーリズムセンターでは、2014年度からサステイナブル・ツーリズム国際認証の研修と国内での普及活動を、(独)環境再生保全機構による地球環境基金の助成を受けて取り組んでまいりました。

 

当初、GSTCや国際認証のクライテリアはわたしたちも初めて触れるものでした。しかし、このような世界的な動向を日本に伝え広めることは社会的にも求められるものと思われ、認証制度を国内につくり実際に機能させていくことも可能だろうと考えていました。

ところが、実際にプロジェクトをスタートし、セミナーやフォーラムを企画してみると、「サステイナブル・ツーリズム」という概念や言葉は難しいと指摘されることが多く、日本の社会にはいまだ受け入れの土壌が整っていないことに気づかされました。

 

「サステイナブル」や「持続可能な」という言葉自体が一般には難解に聞こえ、また制約にしばられると受け取られるきらいもあるようでした。

少しでも国内の理解を進めようと、2014年度から年に1回、全国フォーラムを開催してきました。

第1回は和歌山県田辺市での「熊野フォーラム」、第2回は群馬県片品村での「尾瀬・片品フォーラム」、第3回は秋田県仙北市での「秋田フォーラム」、そして2017年度には第4回の「島原半島フォーラム」を長崎県の島原半島(島原市、雲仙市、南島原市)で開催しました。

 

いずれの開催地も、長年にわたり多くの観光客を受け入れながらも自然や文化を守ってきた、日本を代表する地域です。毎回、開催地の行政や団体などと一緒に、地域性に寄り添ったプログラムを練り上げてきました。そして秋田フォーラムからは、地元市町村による「持続可能な観光地域づくり宣言」を日英の2言語で発表することもできました。

 

日本エコツーリズムセンターは、サステイナブル・ツーリズム国際認証の理解と普及、そして将来的には国内での導入を目指していますが、各地域における「観光を取り入れた持続可能な地域づくり」が非常に重要だと考えています。そして、さまざまな地域が国際的な認証の取得を望む際に、積極的な支援ができればと考えています。

訪日外国人旅行者が急ピッチで増加し、既存の観光地のみならず、自然や文化、暮らしを含め「日本らしさ」を求めてさまざまな地域を探訪する旅行者のニーズも高まっています。

 

一方で、人口減少と高齢化、生業の存続が危ぶまれる地域は増加し、その対策としてインバウンドに積極的な地域も多くなっています。しかし、単に入れ込み客数や観光コンテンツを増やすのではなく、あくまでも地域が持続する活力を得て、住む人も訪れる人も幸福感を得る仕組みをつくるには、サステイナブル・ツーリズムの考え方が役立つのではないでしょうか。

 

活動開始から5年の節目を迎える2018年、これまでの活動の集大成ともいえるフォーラムの開催を計画しています。2016年のSDGsのスタート、2017年の国連による「開発のための持続可能な観光の国際年」を経て、サステイナブル・ツーリズムに関心を寄せる地域は確実に増え、社会の注目度の高まりも感じられます。

 

当センターではこれからも、国際的な流れを敏感にキャッチし、地域のニーズや実情をふまえつつ支援を続けていきます。そして、サステイナビリティの国際基準を取り入れた「持続可能な観光地域づくり」が、日本各地に広がることを願っています。

 

(島原半島フォーラム報告書より)

「2017年開発のための持続可能な観光の国際年」を振り返って(高山)

島原半島フォーラムを振り返って(坂元)