MATAGIフォーラム(2018.9.1-2)

森の恵みを生活に活かす~シカ・イノシシの皮を価値ある資源に~

シカ・イノシシは日本の森の貴重な資源です。野生動物の命をいただくことについて考え、そうした森の恵みを生活に使うことの豊かさを見つめます。

近年、野生鳥獣-中でもシカやイノシシの頭数増加に伴い、中山間地では農林業に被害が出ているほか、生態系への影響が深刻化しています。環境省ではシカ・イノシシの生息数の管理に乗り出しており、全国で野生動物管理のための方策が進められ、狩猟も奨励されています。

 

MATAGIプロジェクトもスタートして5年以上が経ちました。全国300か所以上の産地から皮が届き、なめした皮が活用されています。ジビエが社会的にも認められ、野生のシカ・イノシシの皮の良さも知られてきました。

 

今回、9月1日(土)、2日(日)の2日間、東京御徒町のモンベル4階サロンを会場に、各産地からの出展・販売と、1日にはフィールドを熟知する3人のゲストによるシンポジウムを、2日にはスペシャルワークショップを企画しました。

野生鳥獣の皮活用の最前線を、是非見に来てください。

MATAGIプロジェクトについてはこちら

 

●○開催概要○●

 

MATAGIフォーラム「森の恵みを生活に活かす~シカ・イノシシの皮を価値ある資源に~」

【日時】2018年9月1日(土)・2日(日)

【会場】モンベル御徒町店 4階サロン

東京都台東区上野3-22-6コムテラス御徒町(JR御徒町駅南口すぐ)

 

『展示出店・販売』9月1日(土)12:00~21:00、2日(日)10:00~16:00

MATAGIプロジェクトはシカやイノシシの獣皮を有効な資源として活用し、地域の活性化につなげる獣皮活用支援のプロジェクトです。このプロジェクトに参加する全国の事業者が展示出店します。

ぜひ、ご来場ください。期間中出入り自由です。

 

『シンポジウム』9月1日(土)15:00~17:00(申し込み不要)

「野生の皮は価値ある資源~日本の山野の恵みを語る」

登壇者:

★佐々木淳氏(ハンター・北海道中標津で活躍)

★井戸直樹氏(森のたね代表)

★鹿熊勤氏(自然ジャーナリスト)

 

『スペシャルクラフトワークショップ‼』9月2日(日)11:00~14:00

「生木を削ってスプーンをつくる~グリーン・ウッド・ワーク~」

  

講師:井丸富夫氏(グリーン・ウッド・ワークの第一人者)

参加費:5,000円

定員:先着20名(18歳以上)

詳細とお申し込みはこちら

 

『木と鹿革のきんちゃく袋ワークショップ』9月1日(土)13:00~17:00(制作時間は1時間程度)

 

講師:「森のたね」スタッフ

参加費:2,500円(大きいタイプは3,000円)

詳細とお申し込みはこちら

対象年齢:小学生以上(ただし、小学生は保護者同伴でお願いします)

 

*上記の事業は三井物産環境基金の助成を受けて実施します。