エコツアー保険

エコツアーに安心して参加してもらうために。

団体会員向け「エコツアー保険」

 

誰もが安心して参加できるエコツアーを目指す日本エコツーリズムセンター(エコセン)には、エコツアー事業者を対象とした保険制度「エコツアー保険」の会員向けサービスがあります。

安全対策は万全なはずでも、自然の中で多くの人と活動するエコツアーでは、思わぬ原因が重なり事故が発生することがあります。事業者がそのような万が一の事態に備えておくことは、とても大切なことです。
保険に加入することで、参加者の傷害、特に大きな障害に対する金銭的補償をサポートするだけでなく、事業者のツアー責任と、事業経営に安定と信頼を与える意味も含みます。そうしたことから傷害保険と賠償保険はセットで必要となります。

 

エコセンの団体会員の皆さまは全国各地に散らばっており、よく地域には適切な保険代理店・保険の窓口がない、という悩みを相談されます。
そこで会員の皆さま向けに野外活動プログラムに理解のある、年間包括保険に加入できる仕組みをつくりました。複数の団体会員が日本エコツーリズムセンターとして保険加入することから、個々の事業者の安全管理状況につきましてはエコセン安全委員会にて事前審査を行っています。
また、加入後も常に安全のレベルアップを図っていただくことが条件としています。毎年、安全ミーティング・安全講習会が用意されており、参加することで最新情報が得られるとともに、多くの団体とも情報交換ができ、好評をいただいています。また、困ったときは顧問弁護事務所への問い合わせが可能です。

 

 

【保険の特徴】
※年間包括タイプなので、ツアー実施時ごとの入金の必要がありません。毎月の報告は必要です。
※2年に1回はエコセン主催「安全ミーティング・安全講習会」に出席し、情報共有をしていただきます。

 

 

【加入条件】
① エコツアー等、自然体験プログラムを提供する事業者として、保険制度を理解し、適切な保険運用ができる。
② エコセン団体会員(年会費10,000 円)に入会している。
③ 安全チェックリストの項目をクリアしている。
④ 団体としての活動実績が3年以上である。
⑤ 年間活動日数が30 日以上であり、年間参加人数(日帰り)100 名以上、または(宿泊)30人以上である。
⑥ 外部で実施される安全講習会を団体内で1 名以上が受講し、修了証の提出をする。
⑦ 現場指導にあたるすべてのスタッフが内部の安全講習会に参加している。
⑧ エコセン保険団体ミーティングに団体で1 名以上が2 年に1 度、必ず出席する。
どうしても難しい場合は、事務局へ相談する。
⑨ 保険利用の人数報告(毎月・オフィステラ宛て)を怠らない。
⑩ 保険を利用する可能性のある事故が発生した場合、発生から2 週間以内にオフィステラと当センターに報告書を提出する。
⑪ 前項を経て是正が見られず、事故が多発し、他の会員へ負の影響があるとみなされた場合、保険への加入継続を断る場合があることを承諾する。
⑫ 事故が多発し、運用ルールが守れないなど、他の会員へ負の影響があるとみなされる団体は、安全委員会の審議により継続不可の決定がなされることを理解する。

 

  • お問い合わせはこちら「コンタクトフォーム」で