「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第12弾(長谷川孝一)

「地域資産とサステナブル」    初めての土地を訪ねた時には、きまってぶら歩きをする。 それだけでも素敵な小道を見つけ、意外なモニュメントに出くわすからだ。 かつて地域散歩は、地域おこしの第一歩として盛んになり […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第10弾(久保竜太)

三陸、釜石のある漁村に僕の祖父母の家はありました。 謂れによると、かつてはより浜辺に建っていたが、 明治の大津波で家屋が流され、 母屋がたどり着いた現在の土地で木材を継ぎ足して家を再建したとのこと。 確かに随分変わった構 […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第9弾(荒井一洋)

僕がサステイナブル・ツーリズムに関わるにあたり、日常業務のレベルで何が必要かを考えてみた。 それは、「自分とのコミュニケーション」と「社会とのコミュニケーション」だと思う。   「自分とのコミュニケーション」と […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第8弾(高山傑)

英語でいうと「ストン」と腑に落ちる 「サステイナビリティ」や「サステイナブル」という表現。 ずい分と前から使ってきた。 しかし、それは海外であって、国内ではそう簡単に説明ができない。 京都で生まれ育っているが、日常使われ […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第7弾(鹿熊勤)

私は80年代から自然・アウトドアの分野で取材活動を続けてきましたが、 駆け出しのころは自然破壊に対する告発運動を追うことが多かった気がします。 人間活動の矛盾は、日本の場合まず公害問題として噴出しました。 同じころ、地域 […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第6弾(森 高一)

長らく「サステイナブル」とはどういうことか考えている。 環境教育を仕事にしてきて、このままでは人類は、世界はどこかで詰んでしまうよ、 という危機感はずっと持ち続けている。 さまざまな指標や切り口、取り組みがなされているの […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第5弾 その2(坂元英俊)

「持続可能な観光のための観光地域づくりと滞在交流型観光の構築にむけて」(その2)   DMOと地域の役割 DMOと地域が手を組んでいく場合、当該の地域がしっかりとして、地域共通のビジョンや取組内容を共有化するこ […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第4弾(浅子智昭)

ホールアース自然学校の浅子智昭です。 私たちの団体は37年前に静岡県の旧芝川町(現:富士宮市)ではじまりました。 家畜動物の魅力に触れて自然界への理解を深めてもらおうと、家畜動物と共にある暮らしや農のある暮らし、自然体験 […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第3弾(小林 政文)

近年のインスタグラムやフェイスブック、ブログなどSNS・WEBサービスを中心とした口コミや投稿で沖縄県内の景観地への訪問者の動きが変わった。 これまでは一部の人で情報をコントロールし、人に案内してこれた秘密スポットはその […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第2弾(藤原誉)

京都の山村・美山からの投稿です! 豊かな森林を有するこの国ではこの20年来で野生動物が大幅に増加してきました。 一見素晴らしいことのようにも見えますが、いち早く鹿の爆発的増加を経験した美山では、森林の林床植物が鹿の食害に […]

Read More »

「サスティナビリティを主張!」シリーズ 第1弾(中澤朋代)

共同代表の中澤です。「エコツーリズムで地域を元気にしよう!」を合言葉に進めてきたNPO法人日本エコツーリズムセンターは、今年で法人設立10周年になりました。パチパチパチ…! これまで関わってくださった全ての皆さまに、感謝 […]

Read More »